個人向け

Life Design Labo 15期DAY2開催しました!

 本日9月26日、弊社代表が主催するビジネスコーチングクラス

Life Design Laboの15期DAY2が開催されました!

Day1ではコーチングとは何か?という理念を元に

コーチングの基礎である傾聴の練習をしていきました。

 

今回のDay2では実際にコーチングの実践をペアになって行って頂き、さらには当スクールの中心哲学でもあるアドラー心理学の概要の講義もありました。

 

コーチングって質問によって相手の意見を引き出すツールだと思われていますが、実はそれだけではないんです。

 

コーチングって、コーチがクライアントさん自身とのコミュニケーションを促すように、寄り添い、伴走するものでもあるんです。

 

クライアントさんの中にある、自分も言語化できずに気づかなかった価値観や感情、想いに気付けるように、そのアシストをするような関わり方をコーチがしてあげる。そうすると、「自分はそんなことを想っていたのか」と自分の本当の望みに気が付き、望みや価値観に気付くからこそ、それを元に目的が見え、目的が明確になるからこそ行動が変わって行きます。

 

では、その為には具体的にどんな関りをしていけばいいのか?ということをDAY2では実践を交えて学んで頂きました。

 

・相手の状態(ステート)を見て、自分の状態をコントロールする。

・受容的に聞く、共感的に聞く

・クライアントの自己対話が即される魔法の質問「他には?」

・バックトラックの効果的な使い方

・ミラーリングの使い方とその効能

 

 

今日はこのようなメニューを実践的に行って頂きました。

普段、組織のリーダーやマネジメントをされておられる皆様なので、元々人の話を聞くのがとても上手!その上で更に効果的な技術を取り入れ、より良い組織開発に役立てようとされる志の高い方ばかりなので、気付きも盛り沢山!

 

 

 

「いままで余計なこと言ってました、口挟み過ぎてました!」

「バックトラックによって自分の価値観に気付かされました!」

 

などなど、終始学びや気づきの連発で盛り上がった2時間30分でした。

15期は次回10月10日に開催なので、2週間後の参加者さまたちが、コーチングを現場や自分に使うことで、どんな変化が起きたのか、今からお伺いするのが楽しみです!