お知らせ

LEGO®︎SERIOUS PLAY®︎のメソッドから『個を活かし合う強い組織』を探究するワークショップを実施

LEGO®︎SERIOUS PLAY®︎のメソッドから『個を活かし合う強い組織』を探究するワークショップを実施 1

 ワークショップデザイナーの相内です。Palletでは、組織が目指す未来と、従業員が目指す未来が重なり合っている状態をとても重要視しています。双方の未来が重なっている実感を持てている組織の方が、チームとしてのパフォーマンスが高まり、かつ、お互いが豊かになれると考えているからです。

 

しかし日本の組織では、「メンバーの目指している未来が分からない」と悩むマネージャーや、「私は何を目指したらいいか分からない」と葛藤している個人が多いようです。

 

そこで今回は、組織のマネージャーや人事担当の方々にこうした状態を解消するための具体的な方法を体感いただきたいと思い、LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎のメソッドから『個を活かし合う強い組織』を探究するワークショップを開催しました。

 

何を目指したいかが曖昧な個人に、あなたは何がしたいの? どんな未来を目指しているの? と真っ直ぐな質問を投げかけても、あまり機能しません。でも潜在的には、好ましい未来や、避けたい未来のイメージを必ず誰もが持っています。そうしたまだ言葉になりきっていない想いを引き出し、具体化するに当たって、LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎は最適なメソッドです。

 

3つの作品から価値観を発見し未来を探究

今回は『超ツマラナイ人生』 『エネルギーが湧いてくる毎日』 『これからの5年間で手にしたいもの』 という3つの作品制作を通じて、自分が目指すWiLLを探究していただきました。

 

私は、望ましい未来を考える際のアプローチは大きく2つの方向があると考えています。一つは、理想の未来を考えること。もう一つは、これだけは避けたいというネガティブな未来を想像することです。

 

将来のイメージを明確に描けている人は、「理想の未来は?」という問いに即座に答えることができますが、そうでない人は答えることができなかったり、表面的な回答に終始してしまうというケースが多く見られます。

 

一方で「どんな未来だったら嫌?」という問いには、多くの人が何かしらの回答を見つけることができます。そのため、まずは『超ツマラナイ人生』という作品から炙り出される価値観を思考の補助線とし、WiLLの探究に一歩を踏み出して行けるよう全体をデザインしました。

 

参加者からは「目指している未来に向かってチャレンジをしない」 「積み上げて来たものが何の成果にもつながらない」 「自由を奪われ閉じ込められる」 など、こんな人生は本当に超ツマラナイだろうな……とゾッとしてしまうような作品がシェアされました。

 

その後続けて、『エネルギーが湧いてくる毎日』 『これからの5年間で手にしたいもの』 というテーマで作品を制作していただきました。

 

心から手にしたい未来を見つけるためには、多角的な視点から自分自身の価値観を発見しようと試みるプロセスが重要になります。中でも私は、どんな毎日だったら活力が湧いてくるのかを言語化しておくことがとても大切だと考えていて、このテーマを選びました。

 

また、ただ理想の未来像だけが完成してもあまり意味がありません。理想の未来へ向かうための行動が欠けると、絵に描いた餅で終わってしまうからです。そのため5年間と期間を限定し、その間に手にしたいものは何か? と問うことから、具体的な行動も含めて想像していただくことを狙いました。

 

参加者からはとても想いのこもった作品の共有が続き、「お互いに目標を達成して5年後の今日に集まろう!」と熱い約束が交わされました。なんと、5年後のカレンダーには既に再会の予定が入っています。それくらい心から手にしたいものや、達成したい目標を見つけていただき、ワークショップデザイナーとしての冥利に尽きる会となりました。

 

 

個を活かし合う強い組織づくりのために

今は何をしたいのか分からないと感じている方にも、それぞれが大切にしている価値観や、まだ言葉として表出されていない願望が、必ず無意識下に潜んでいます。

 

明確な言葉になっていない自分の気持ちや考えを作品にし、ファシリテーターや参加者どうしの手助けを通じて理解を深めていくことで、パラダイムがシフトしたり、新たな意欲が湧き上がってくるのが、LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎の醍醐味です。

 

このパワフルなメソッドを、私は出来るだけ多くの方に体感いただきたいと思っています。個人の価値観を尊重し、お互いの未来を応援しあえる組織が、日本中に溢れる未来を目指しているからです。

 

組織で働く一人ひとりが、会社のWiLLと個人のWiLLを重ね合わせて自走していく強い組織作りや、LEGO®︎ SERIOUS PLAY®️のメソッドを活用したワークショップにご興味がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

★Palletの各種サービスのご案内はこちらから

★この記事を書いたワークショップデザイナー相内のHPはこちらから