お知らせ

【社長ブログ更新しました】2020年新人研修で考えたこと

 

「afterコロナな社会は、何が起きてるだろうか?」

仙台では時期的にぎりぎり、対面集合で実施できた各社の新人研修。
今年は、かなりの時間を割いて、
この問いについて各社の新人の皆さんと共に考えてみました。

高卒、大卒、大学院卒。学歴も様々。
メーカー、サービス、放送局、業界も様々。
  
ビジネスマナーも大切。
上座下座も知っておいた方が良いし、名刺交換もできた方が良い。
でも、それはもはや、自分で本を買って学んでください。
(基礎はちゃんとやりました。笑)
   
自分たちが社会に出た年に何が起きたのか。
ここから始まる世界のスタートを覚えておいて欲しい。
今日のあたり前は、明日のあたり前ではない。
だから、迷ったら本質に立ち戻る。

「本当は、どんな世界だったら良いのか?」
    
そうか。みんなは、それを実現するために、この会社に入ったんだね。
できることは、目の前の小さな小さな一歩一歩だけど、
その一歩は、何を実現するための一歩なのか、時に思い出して欲しい。
  
そして、共同体の感覚を高く持てると良いね。

「自分だけのため」もいいけど、家族のために。
「家族だけのため」もいいけど、チームのために。
「チームだけのため」もいいけど、会社のために。
「会社だけのため」もいいけど、宮城のために。
「宮城だけのため」もいいけど、日本のために。
「日本だけのため」もいいけど、世界のために、自分ができることは何か。

そして、100年後の未来のために、自分ができることは何だろう。
そうやって考える方が、多分ね、幸せだから。
    
今は、先が見えない不安も大きいと思うけど、大丈夫。
みんなが自分を信じて踏み出し続ける一歩は、
必ず、より良い未来に繋がっていくから。必ず。

世界は、自分たちで創り続けるもの。
 
ご入社おめでとうございます。
共にこの時代に生まれ、より良い未来を創る仲間でいられることを、幸せに感じます。
 
社会人18年目、私も頑張ろうっと。