NEWS

【登壇報告】仙台育英学園高等学校 特別授業

2019年11月22日(金)、
仙台育英学園高等学校にて、
「職業選択と自己理解」について
代表 羽山 暁子が講演を行わせていただきました。


学業とスポーツの両立を目指すフレックスコースと、
大学・専門学校・就職に対応している技能開発コースに所属する
約300名の未来ある高校1年生のみなさん。

 

「人生の最大の目的は自分自身を幸せにすること。
この選択は自分の幸せのためにやってるのか?人生ってなんなのか…、
15歳16歳の目線で、ちょっと振り返ってみよう」という言葉とともに、
羽山自身の価値感を形づくった幼いころの原体験を紹介しながら、
生徒のみなさんがそれぞれの価値感を振り返れるような時間を提供しました。

 

どんなときに1番楽しかったか、1番悲しかったか、
過去を振り返りながら、じぶん自身の価値観を理解して、
幸せを目指して仕事や人生を創っていく・掴み取っていく大事さ。

 

本来人にありがとう!と喜ばれ、楽しいものであるはずの
「働くこと」がつまらなくならないように、
嫌なことがあったら意味づけを変えて、挑戦し続けること。

 

実際の半生を紹介しながらの台詞は、
リアリティがあり、真剣にメモを取りながら聴いている生徒さんも見受けられました。

 

自分自身の人生だから、それぞれの価値観を見つけ、
みんな違ってみんないい、を実践してください。
幸せのために生きてね!

 

著名人を多く輩出する学校で学び、将来の可能性しかない生徒のみなさんの、
これからの人生の背中を押すようなあたたかい言葉で、講演は締めくくられました。