VOICE

育休明け復職して1年くらい、仕事して、走って帰って・・の日々。スクール受講直後の目標は『年末までに本を1冊ちゃんと読む時間をつくる!』だったのですが・・

一般社団法人きゃりぽーと仙台
藤田 宏美さん
Life Design Lab.  コーチングスクール Basic 1期

Life Design Lab. 受講を考えたきっかけは何ですか?

きっかけは本当に単純。じぶんの時間を取って外に学びに行く、ということを、本当に久しく出来ていなかったことに気づいて。

Life Design Lab.はコミュニケーションを学ぶスクール、
という内容については、そっか、という感じでした。
どちらかといえば、子育てを最優先にしていて、外に学びに行く機会がほとんどなかったので、
せっかくだから刺激をもらいに行ってみようかな、程度。
育休明け復職して1年くらい、仕事して、走って帰って・・土日はずっと子ども。
という日々が続いていたんです。

 

私の場合、夫が単身赴任で、子育てや家事を両親に頼ってしまうことも多いので、
ママの心理として、子どもを預けられるかどうかの物理的な話もそうですが、
どうしても家族や子どもに対する罪悪感が拭えなくて。
1期は土日のコースでしたし、勇気を出して両親に預けられるか聞いてみてからのスタートでした。

 

結果、1番面白かったこと、変化したことは何ですか?

スマホを全然見なくなりました(笑) 同じように子育てする仲間にも影響を受けたし、時間を作るってなんだろう、がどんどん具体的に。

Life Design Lab.では『ベイビーステップ』といって、
毎回、自分自身が変えていきたいことについて、明日からすぐにできる小さなステップを決めるのですが、
わたしの場合は「年末までに本を1冊ちゃんと読む」でした。それくらい、時間がない、と感じていて。

 

それで、まずは1日の時間の使い方を振り返ってみたんです。
本を1冊読むのは、えいっと覚悟を決めて、何とか対応したのですが、
本を少し読むようになったら、今度は「時間節約術」系の本にハマって(笑)
朝1時間、夜3時間で、子どもと一緒にいられる時間ってたったの4時間!ということに気づいちゃったんですね。
これは、子どもの相手をしながらスマホを見ている場合ではないなと。
そこから、つい見ちゃうけど本当はいらないアプリを「時間の無駄フォルダ」に入れたり、
SNSも会社のパソコン以外は消したりして、変化が起きていきましたね。

 

Life Design Lab.で出会った、同じように子育てしながら働くパパの存在も大きかったですよ!
子どもを寝かしつけたあとに無駄に間食せずに時間を使うには?!なんて、他ではなかなか話せないので(笑)

 

 

変化を受けて、今感じていることや、目指したいことは何ですか?

自分が変わったことで、子どもや家族にも、変化が及び始めているように思います。この心の余裕を、仕事にも活かしていきたいですね。

小さな変化の積み重ねなんですが、時間を作れるようになったことで、
以前は両親に任せきりだった掃除などの家事を、前よりもやるようになったんです。

 

私がスマホを見なくなったら、子どもも動画をねだらなくなって。
読む本を増やしたら、子どもも絵本をたくさん読むようになって。
朝早起きするようになったら、家族のためにやれることが増えて。
そうしたら、前と同じように子どもを預けるときも、罪悪感があまりなくなりました。
・・・コミュニケーション、ですね!

 

両親と私、お互いが貢献していることによって、
仕事で仕方がないときだけでなく、今日は自分のために出かけたいから、
ということも、素直に言えるようになりました。

 

最近はようやく・・本当にやっとですけど、心に余裕が出来て、
仕事上の生産性の話に考えが及び始めています。
どこの職場でも起きていると思いますが、
「この件上司にどう伝えよう…」とか、「こんな言い方したら嫌われるかな…」とか
コミュニケーション1つのためにもやもやと苦しむ時間って、
実はスマホを無意識にいじっちゃう時間に近いと思いませんか?

 

わたし自身に起きた変化が、
子どもや家族にも少しずつ変化を及ぼしているような実感を得ているところなので、
こういった変化が、職場にも少しずつ影響していったらいいな、と感じています。

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

Life Design Lab.コーチングスクール
ーコミュニケーションをupdateして、チーム力を上げるー
最新の開催スケジュールは、こちらをご確認ください!
https://peraichi.com/landing_pages/view/lifedesignlab

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼